MOS一発合格のための学習方法とは? -正しい教材学習の進め方②-

松江市の皆さん、こんにちは!

パソコン教室サクラサクセスの石倉です。

 

前回のブログでは、MOS学習の使用方法についてお話をさせて頂きました。今回は、テキスト教材後の模擬試験学習についてお話をしていきます。

※前回のブログはこちらから

 

MOS一発合格のための模擬試験学習≫

学習教材[MOS Word2016対策テキスト&問題集]には、模擬試験プログラム(CD-ROM)が付属しています。この模擬試験プログラムには計5回分の試験と、5回分の問題からランダムに出題されるランダム試験があります。まずは、第1回模擬試験に挑戦してみましょう。

※模擬試験プログラムのインストール方法は、教材に記載されています。

※模擬試験プログラムの画面説明などは、教材に記載されています。

 

≪第1回模擬試験が終わったら≫

試験時間が経過する、または試験を終了したら試験結果画面が表示されます。試験結果画面が表示されると、全体の正答率と各問題の採点結果が表示されます。

ここからが重要ですが、正答率がいくつだったとしても、必ず間違えた問題の直しをしましょう。試験結果画面から、になった問題に再挑戦することが出来ます。

もし、自信の力のみで正解にたどり着く事が難しいようであれば、使用してきた教材を見直しても良いです

それでも難しい場合は、模擬試験の解答も教材に記載されていますので、第1回目までは解答を見て操作しても良いです間違えた問題が全て○になるまで根気強く挑戦してみましょう

 

試験時間(50分)を経過すると、画面に「このまま試験を続けるか?」と選択式のメッセージウィンドウが表示されます。試験を続けてしまうと、回答した問題に○がつかなくなりますので、ここでは試験を終えて下さい

※試験結果画面から、任意の問題に再挑戦する方法は教材に記載されています。

 

≪間違え直しが終わったら≫

全ての問題が○になったら、試験結果画面右下の「スタートメニュー」からトップ画面に戻り、もう一度第1回模擬試験に挑戦しましょう。そして、試験後にまた間違えた問題を直していきます。

これを繰り返し、100%の正答率になったら第2回模擬試験へ進んでいきます。第2回模擬試験でも、同じように100%になるまで繰り返し、次に進みます。これをランダム試験まで行いましょう。

 

≪模擬試験が全て終わったら≫

ここまでしっかり学習して頂ければ、試験対策もそうですが、実務でも色々な機能を使用していくための土台がかなり固まってきたころだと思います。ここでもう一押しするために、別冊の模擬試験に挑戦して頂くとさらに良いです

 

[日経BP MOS攻略問題集WordExcel2016

こちらの教材にも、FOM出版の試験とは違う模擬試験問題が収録されていますので、一発合格のために、また実務で使用するためにも活用しておきたい一冊です。模擬試験画面が多少違いますが、試験後の直しや進め方は先ほどの模擬試験と同じです。このテキストでしっかり仕上げをして、自信をもって試験に挑んで頂きたいです。

 

いかがでしたでしょうか?実際に前回・今回の学習方法をもとに教室にて指導をさせて頂いた生徒さんは、一発合格・合格率100%です。もし、実際にやってみて1人では学習できそうにないという事であれば、教室までご相談ください。

この記事が皆さんの学習のお役に立てば幸いです。

最後まで見て下さり、ありがとうございます。

2019年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031