求人票に書いてある「基本的なパソコン操作(またはWord・Excel)ができる方募集」ってどの程度のレベル? -就職・転職のためのパソコンスキル-

松江市の皆さん、こんにちは!

パソコン教室サクラサクセスの石倉です。

 

≪基本的なパソコン操作(またはWord・Excel)ができるってどのレベル?≫

タイトルの「基本的なパソコン操作(またはWord・Excel)」の表記について見た事があるという方、多いのではないでしょうか?仕事を探していると多くの求人票に書いてありますよね。

 

【基本的】というのは人それぞれ捉え方が違うため、正直なところその求人を出している企業に聞いてみないと具体的なことはわかりません。

「Excelの基本的な操作」と募集を書いている企業がいて、応募者側は「sumなどの簡単な計算式が使えたら大丈夫かな?」と予想していても、企業側は「ピポットテーブルやフィルターなどを基本的に使いこなせる人材が欲しい」と思っている場合もあります。

 

私も当教室の生徒様や、新規にご相談にご来室されるお客様から「基本って、どのくらいできればいいんですか?」と相談をいただくことがあります。

その際は上記のお話とともに、ある程度業種が絞れている場合は必要になるであろうスキルについてお話をしています。

例えば介護系なら、Excelでテンプレートに介護記録などを残すと本職の方から聞いたことがあるため「Excelのデータ入力、テンプレートの様式が崩れてしまった時のために罫線や塗りつぶし、フォントサイズ変更などの知識」は最低必要だとか、テレフォンオペレーターならofficeの知識よりも「タイピングの正確さと速さを磨く方が良い、などです。

 

≪どんな職場にも対応できる人材になるために≫

仕事をするならば、なるべくご自身が希望する条件に合致する職場が良いですよね?その際に、企業が求めるパソコンスキルがなかったために諦めなければいけないのは悔しいことです。

私が相談してくださった皆さんに伝えているのは「MOS取得レベルまでスキルを高めておけば、よほど特殊な業種でもない限り対応でき、仮に新たに必要な知識が登場したとしてもMOS取得までの道のりで下地ができているので吸収しやすい」という事をお伝えしております。

これから就職・転職などされる方は、具体的にどの企業に行きたいという事があれば必要なスキルを磨きとりあえずどこでも勤務できるようにスキルをつけたいという事であればMOSの学習がおすすめです。

 

このブログが皆さんのお役に立てば幸いです。

最後まで見て下さり、ありがとうございます。

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930