パソコンの機能はスマホ・タブレットで代用できる? -進学先の大学・専門学校での機器利用について-

松江市の皆さん、こんにちは!

パソコン教室サクラサクセスの石倉です。

 

現在の高校生以下学生の皆さんは、パソコンよりもスマホ、タブレットが身近にあり扱いもそちらの方が得意という方が多いのではないでしょうか?

教室でも、「進学後ってパソコンでレポートを作らないといけないんですか?」、「タブレットがあるからパソコンをあらためて買うのはちょっと・・・」というお話を伺います。

実際のところはどうなのか、お話をしていきます。

 

≪スマホ・タブレットでパソコンの代用ができるツール≫

「そもそもスマホ・タブレットで文書作成ができのか」、ということですがこれは可能です。Microsoft officeモバイル版Googleサービス(ドキュメント・スプレッドシートなど)を含めて文書作成のアプリはいくつかあります。

もし現時点で、そういったツール・アプリに精通しており、扱いもバッチリ、進学先の授業内容としても問題ないということであればスマホ・タブレットでも良いと思いますが、私はパソコンを準備されることをお勧めします

 

≪パソコンに慣れておく意味≫

なぜ、パソコンをお勧めするのかというと「就職先の企業の大多数がパソコンを利用している」からです。専門学校や大学卒業後はほとんどの方がどこかの企業に就職されるかと思います。その際に、仕事に活かせる知識があってもパソコンが使用できないと不便です。学校の在籍期間中にパソコンに慣れておくだけでも、スキルの差はかなり変わってきます。

また、スマホ・タブレットで文書作成できるツールはパソコン版より機能が限られている場合がほとんどです。進学先の授業内容次第ではパソコンでないと対応できない内容であればパソコン以外の選択肢はありません

これからの将来、パソコンに代わる新たな機器が登場してパソコン文化が終わる可能性はあります。ですが、これまでの進化をたどってみると今のパソコンを基に進化する可能性が高いため、パソコンが使えるようになることにデメリットはありません

そのため、パソコンを準備し、使用して慣れておくことをお勧めします。

 

このブログが皆さんのお役に立てば幸いです。

最後まで見て下さり、ありがとうございます。

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031