スマホ 各キャリアの大容量定額プランについて

2021.03.19 | 趣味&生涯学習

松江市の皆さん、こんにちは!

パソコン教室サクラサクセスの石倉です。

 

3月末からいよいよスタートする、docomo、au、softbankなどの大手キャリアが発表した大容量定額プランですが、皆さんどの程度内容を把握されていますでしょうか?

各キャリアのプラン比較はネット記事がたくさんありますので、こちらの記事では簡単にメリット、デメリットを上げさせていただきます。

 

■メリット

 

≪データ容量が20GB≫

各キャリアともに20GBと大容量となり、金額も既存のプランより下がっております。ご自宅にインターネット環境がなかったり、Wi-Fiがない環境でネットを使用することが多い場合はこのプランだと通信制限をあまり気にせず使用できそうです。

ご自身の月々の通信料については各キャリアに問い合わせたり、各キャリア専用のアプリ等で計測ができるかと思いますので一度確認してみると良いでしょう。

 

≪5G対応≫

各キャリアともに普及が進んでいる5Gに対応しています。通信速度などストレスなく利用できそうです。

 

≪その他≫

docomo→海外にて追加料金なしに利用できる

au→基本料金が各キャリアの中で一番安い ※通話のかけ放題がついていないため

softbank→LINEアプリ使用時の通信料は20GBに含まれない

などなど、各キャリアによって特色があります。

 

■デメリット

 

≪手続きはオンライン≫

各キャリアともに店舗窓口での手続きは行っていないようです。そのため、ご自身でネットにて契約内容をしっかり確認したり、ネット上で手続きを行う必要があり、できる人・できない人に分かれそうです。

また、契約後に何か不具合などありサポートセンターへ問合せする際も基本的にはオンライン上での対応になるようですので、慣れていない方は少し不安になるかもしれません。

 

≪キャリアメール不対応≫

各キャリアともに、今まで使用していたキャリアのメールアドレスが使用不可になるようです。GoogleやYahoo!などのフリーメールアドレスを主に使用されてきた方であればそこまで問題ないかもしれませんが、ログインIDなどをキャリアのメールアドレスで設定されていた方などは変更手続きが少々手間かもしれません。

 

≪既存の家族割・セット割引は適用されない≫

大容量プランは家族割などの既存割引サービスとの併用が不可となっています。現在の契約プランと比較した際に、大容量プランの方がお得なのかどうかは確認が必要です。

 

簡単にメリット・デメリットについて上げていきましたが、これまで携帯の料金プランでここまで料金を落として提供を始めることはあまりなかったかと思います。

今回の件をきっかけに、ユーザーにとって使用していきやすいプランなどが次々提供されていくことに期待が高まります。

 

このブログが皆さんのお役に立てば幸いです。

最後まで見て下さり、ありがとうございます。

2021年10月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31